生活習慣を少し変えるだけで肥満は予防できる

肥満が気になる人は、毎日の生活習慣を少し改善するだけでも効果が得られるので、とくに内臓脂肪型肥満の人は一度試してみる価値はあります。

多少の肥満であれば何ら体に支障を来たさないので、気になりながら何も対策を行っていない人も少なくないことでしょう。現代は飽食の時代とも言われており、食べ物がなくてつらいということはまず起こりえません。反対に、食べ過ぎて太ってしまったり、ほとんど体を動かさないで生活を送っているという人もふえています。

人間は生きていくための本能として、食事が満足にできない時に備えて、脂肪を身体にためる機能が備わっています。体脂肪を体に貯め込むのは、食べ物が得られない期間がしばらくあっても、すぐに命を落とさないようにしているためです。

身体の機能によって、暴飲暴食をしていないにも関わらず、本人の意識とは関係なく、肥満体型になってしまっている人もいます。そのままの状態でいるとさらに肥満が進んでしまうので、生活習慣自体を少しずつ変えていくことで、肥満を予防する必要があります。肥満予防で大事なことは、体に負担の大きなダイエットをしようとせずに、日々の生活リズムを少しずつ変えていくということです。

いつも、時間をきめて体重を記録するという習慣をつくるだけで、体重を減らしたいという自覚を促し、肥満の予防効果を高めることができます。自分の好きな食べ物やお菓子類は、なるべく自分の目に付きにくい所に隠しておくだけでも、間食が減って、とても効果があります。肥満を予防するには、大がかりな運動や食事制限をしなくても、間食をやめるためにお菓子をハコの中にしまうくらいでも効果が期待できます。

メタボは暮らし習慣から

暮らし習慣の見直しは、メタボにならないためにはわりとキーポイントです。食事やトレーニングといった対策のほかに、忘れてはならないメタボ解消だといえるでしょう。メタボ解消の暮らし習慣の中でもとりわけ気を付けたいことがお酒とタバコです。お酒をいつもわりと飲用する習慣があり、タバコも吸うという人は、これを辞めるというのはわりと厳格なことではないでしょうか。

メタボをよくするやり方として、暮らし習慣の中でお酒とタバコを断つことは、とても大事なことなのです。どのようなわけでもパーフェクトにやめることができないときでも、あらかたインパクトがないくらいの量にまで、お酒やタバコを少なくなっていく事させるように工夫はしなければなりません。

メタボ解消の暮らし習慣として、お風呂に入るときに繰り返し入ることがおすすめです。ぬる目のお湯につかりましょう。血の流れがよくなり新陳代謝が高まります。また湯冷めもしにくくなるのが、この繰り返し入浴するやり方なのです。1回目は短く、2回目は少し長スパンにわたって、3回目はまた短く入るというように、湯船につかる時間を少しずつずらしていく方法もあるのです寒いシーズンにはばっちりのメタボ解消になる入浴やり方なのです。半身浴と同じように、からだの芯から温まることができて汗もかくことができるからです。

いっそうキーポイントなのは質の良い寝ることをとることです。眠たくなったらすぐベッドに入り、朝はなるべく早めに起きるようにしましょう。寝る前4時間のカフェインを避けるなど、よく眠れるようにすることも、メタボを健全化するための対策方法になるのです。少しずつでも暮らし習慣を健全化していくことで、メタボから開放されるようにしいものです。それにはいつものようにの積み重ねがキーポイントなのではないでしょうか。

メタボ基準

内蔵に脂肪がセーブすると糖尿病、高脂血症、斯くして肥満症や高血圧、などのメタボが起こりやすくなりますが、こういった様子のことをメタボといっています。これらの症状はマッチさせて発症することが多く、斯くして重複すればするほど動脈硬化になりやすくなってしまうのです。

日本人の三大死因といわれている症状はがん、脳卒中斯くして心臓病になっているのです。その中の心臓病と脳卒中が入っている、いわゆるサイクル器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。メタボを解消すると、そういったメタボまでも対策することにつながるのです。

メタボの基準には、2005年に日本肥満学会からまず男の人は腹囲85cm以上、女の人は腹囲90cm以上と発表されました。それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。

そうは言うもののその基準値は、日本とWHO、また米とでもそれぞれ違っているのです。しかもその対策法は、基準値自体で間違いなくしもはっきり判断できるといいきれるわけではないため、様々に分かれています。

メタボの人がかかりやすいと探求されている糖尿病、心筋梗塞、脳卒中は医療費の約30%を占めています。事態を重く見た厚生省は、対策のためにもメタボクランケとその予備軍を2015年までに25%減らす目標を掲げました。こういったいきさつで、メタボを解消するための保健指導が開始されることになったのです。