生活習慣を少し変えるだけで肥満は予防できる

肥満が気になる人は、毎日の生活習慣を少し改善するだけでも効果が得られるので、とくに内臓脂肪型肥満の人は一度試してみる価値はあります。

多少の肥満であれば何ら体に支障を来たさないので、気になりながら何も対策を行っていない人も少なくないことでしょう。現代は飽食の時代とも言われており、食べ物がなくてつらいということはまず起こりえません。反対に、食べ過ぎて太ってしまったり、ほとんど体を動かさないで生活を送っているという人もふえています。

人間は生きていくための本能として、食事が満足にできない時に備えて、脂肪を身体にためる機能が備わっています。体脂肪を体に貯め込むのは、食べ物が得られない期間がしばらくあっても、すぐに命を落とさないようにしているためです。

身体の機能によって、暴飲暴食をしていないにも関わらず、本人の意識とは関係なく、肥満体型になってしまっている人もいます。そのままの状態でいるとさらに肥満が進んでしまうので、生活習慣自体を少しずつ変えていくことで、肥満を予防する必要があります。肥満予防で大事なことは、体に負担の大きなダイエットをしようとせずに、日々の生活リズムを少しずつ変えていくということです。

いつも、時間をきめて体重を記録するという習慣をつくるだけで、体重を減らしたいという自覚を促し、肥満の予防効果を高めることができます。自分の好きな食べ物やお菓子類は、なるべく自分の目に付きにくい所に隠しておくだけでも、間食が減って、とても効果があります。肥満を予防するには、大がかりな運動や食事制限をしなくても、間食をやめるためにお菓子をハコの中にしまうくらいでも効果が期待できます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0